Tシャツのデザインを考える

まずはTシャツのデザインを考えましょう。
あまりにも細すぎる線はうまくインクがシルクスクリーンの網目を通らないので、1mm以上の線に留めておきましょう。

また、基本的には1色刷りになりますので、1色で表現できるようなデザインが好ましいです。
デザインはわかりやすくインパクトのあるのもがプリントしたときに無地Tシャツに映えます。

細い感じよりも太い感じのイメージだとインパクトのあるデザインになるでしょう。
デザインはできるだけパソコンの中で固めて、プリンターで印刷できる状態にしておきます。
シルクスクリーンにしっかり収まるようにデザインを作り、さらにそのシルクスクリーンを木枠に貼り付けたときに木枠内に収まるようにしておくことが大切です。

NEXT>> OHPフィルムに印刷する