シルクスクリーン・プリントの手間

シルクスクリーン・プリントでは簡単に市販のTシャツ並みのオリジナルTシャツを作ることができますが、とにかく手間がかかります。

まず、一回印刷したシルクスクリーンはインクがついてしまっているため洗い、乾かしてから使います。
印刷したTシャツはドライヤーで乾燥させたあと、アイロンで定着させます。
これで洗ってもデザインが崩れないオリジナルTシャツに仕上げることが出来ます。

多色刷りがしたい場合は版を色に合わせて複数枚作り、色を分けて印刷していく手間もあります。
また、多色刷りの場合、印刷するときにはずれてしまったりすると失敗です。

いろいろと手間がかかるのですが、一度自分で作ってみるとわかりますが、プロ並みのオリジナルTシャツを作ることが出来るのはとても嬉しいことであり、楽しみでもあります。