シルクスクリーン・プリントのデメリット

シルクスクリーン・プリントのデメリットは、多色刷りが難しいことです。
版画でも、基本的には1色で刷りますよね。
1回の印刷で全体にインクを刷り込むことで基本的には1色で一気に刷ってしまうのです。

ここで多色刷りする場合はシルクスクリーンを色別に用意し、色を塗り替える部分にそれぞれ印刷することになります。
これでは印刷部分がずれてしまったりすることもあり、それなりの慣れが必要です。

また、シルクスクリーンにデザインを入れて版を作る際の失敗とTシャツに印刷するときの失敗がついてまわります。
スクリーンを版にする場合に太陽を利用して版を型抜きしますが、これで失敗する場合がとても多いのです。

そして版からTシャツへの刷り込みのときに、版が少しでもずれてしまうと、Tシャツにインクがずれてついてしまったり、刷り込みが足りないと薄い部分と濃い部分などにまだらになってしまう場合があります。

印刷工程では、印刷で使ったシルクスクリーンは一回一回洗い、乾かしてからでないと次に印刷するTシャツが汚れてしまうのでそこの手間もあります。

しかし、これらは物を作る上では当たり前のことであり、しっかりと工程を踏んでいけば成功しますので、ぜひオリジナルTシャツ作りにチャレンジしてみてください。