OHPフィルム

デザインをパソコンなどから印刷し、シルクスクリーンに型抜きするにはこのOHPフィルムが必要です。
なぜOHPフィルムが必要かというと、太陽露光の際にデザイン部分以外の空白部分をより多くの太陽光がシルクスクリーンに当たるようにするためです。

シルクスクリーンは太陽や電気の明かりに当たることで水に濡らしても大丈夫な形状に変化します。
これを露光といいます。
この露光させない状態で水につけるとどうなるでしょうか。
そうです、表面のコーティングされた感光剤が溶けてしまい全てが網戸のような網状になってしまいます。

シルクスクリーンはこの網の部分からインクを刷り込む、すなわち、デザイン部分が網状になり、それ以外の部分はインクを通さないような形状にするわけです。

ということはインクを生地につけたい部分には太陽を当てないで、あとで水につけたときに網状になるようにすればいいのです。

そこに黒いインクで影を作り、そのほかの部分はできるだけ太陽光が当たるようにするにはこの透明のOHPフィルムが必要になってくるというわけです。

私がオリジナルTシャツ制作の時に実際に使ったOHPフィルムがToo インクジェットマテリアル OHPクリアフィルムです。これでしっかりとインクも乗り、露光も完璧だったのでお薦めです。

その他オリジナルTシャツ製作に必要なもの一覧